Loading...

無傷では生きられない現代の女性へ贈る、
これがリアルな<わたしたちの物語>

「女子をこじらせて」の雨宮まみによるエッセイを「サプリ」のおかざき真里が漫画化し共感を呼んだ伝説的コミックを原作とする本作。女性たちのリアルな姿をコミカルにポップに毒々しく、そして優しい視点によって映し出す。主演は「M 愛すべき人がいて」での怪演ぶりが話題となり、以降様々な作品で女性の本音をリアルに表現してきた田中みな実。初主演となる本作では、立ちはだかる現実に苦しみ、揺れる30代の独身女性を等身大で演じている。脇を固めるのは数多くの作品で唯一無二の存在感を放つ市川実和子、邦画には欠かせない名バイプレイヤーの徳永えり。さらに、乃木坂46を卒業したばかりの松村沙友理が、新たな表情や体当たりの演技を披露している。そんな彼女たちの心情を生々しく切り取り、鮮やかなエンタメに昇華させたのは、『おいしい家族』『君が世界のはじまり』のふくだももこ。現代を生き抜く女性たちの本音を描き、観る人の背中をそっと押してくれる共感ムービーが誕生した。

さみしくてしんどい夜に、生き抜くための<賛歌>

Story

10年前に執筆したエッセイから一躍有名作家となった本田まみ(田中みな実)、36歳、独身。自立した女性の幸せの価値を赤裸々に綴り、読者の支持を得たが、それに次ぐヒット作を書けずにいる。仕事にやりがいを感じながらも目下迷走中のまみは、自身の年齢に対して事あるごとに周囲から「ずっと独身でいるつもり?」と心配されている。一方、まみが出演する配信番組をきっかけに交錯する女性たち―まみの書いたエッセイを支えに自立した生き方を貫く由紀乃(市川実和子)、"なんちゃってイクメン"の夫への小さな不満を抱えながらインスタ主婦を続ける彩佳(徳永えり)、パパ活女子として生計をたてつつも、若さを失うことに怯える美穂(松村沙友理)。それぞれの異なる生きづらさを抱える4人が踏み出した小さな一歩とは?

BG